債務整理 自己破産

債務整理の方向

現在の債務整理の方向としては、以前のような自己破産をメインにするのではなく、任意整理を進められる方向にあります。

 

任意整理と自己破産の大きな違いは「マイホーム」が対象になるかならないかだと思います。
自己破産の場合は、当然のことながらこのマイホームは差し押さえの対象になります。
任意整理はそれが対象にはなりません。

 

また、最近では任意整理+過払い請求というような流れで、払いすぎた利息を再計算し、超過した金額を負債にあて借金を減らします。
ただし、過払いの対象にならないケースもあるので、弁護士などに相談して聞いてみましょう。

 

以上を見ると任意整理がいいと思われるかもしれませんが、自己破産は借金の返済が免責される、つまり借金がなくなるんです。
任意整理は借金の返済額を減らすことはできますが、借金は残りますので、返済し続けなければなりません。

 

負債の状況などによって債務整理の手続きは変わりますので、このあたりは弁護士としっかりと相談して決めてください。

 

⇒何度でも相談無料!大手で安心

債務整理の種類

債務整理とは、現在抱えている借金(債務)を法律を利用して整理することをいいます。

 

債務整理は弁護士又は司法書士に依頼するのが一般的で、個人で行うことができるものでも、専門家である彼らに任せるほうが安心できます。
また、個人では全く金融会社に相手にされないことが多いので、個人でするのはオススメできません。

 

債務整理には大きく分類して4つあります。
・自己破産
・特定調停
・任意整理
・個人再生
の法律を用いて債務整理をします。

 

負債額などによって用いる債務整理は変わってきますが、ここ最近では任意整理が多い傾向にあります。

自己破産とは

自己破産とは、債務者が多額の借金を抱え込み、経済的に債務を返済できない場合、生活必需品を除いた財産を換金し、それを債権者の返済にあてる代わりに、残りの債務を免責してもらう法的手段です。

 

ただし、借金の理由によっては免責を受けられない場合があります。免責とは借金の帳消しをいいます。
例えば、株やFX・ギャンブルなどで借金した場合などがこれにあたります。
また、浪費も免責を受けられない可能性があります。
が、場合によっては可能になることがあるので、専門家に相談してみてください。

 

自己破産は一からやり直すための最終手段です。
借金問題で精神的にキツイ場合は自己破産も選択肢の一つです。

 

自己破産か任意整理を考えられている方は一人で悩まずに専門家に相談することをおすすめします!

自己破産すると

自己破産すると、債権者つまり現在借りている金融会社からの融資は受けられなくなる可能性が高くなります。
金融会社によっては数年後にまた貸してもらえることがありますが、ほとんど期待できないといっていいでしょう。

 

その他、数年間は借金やローン、クレジットカードが使えません。
これは任意整理でも同じことがいえます。

 

自己破産し免責が裁判所より認められれば、現在抱えているすべての借金はなくなります。

 

新たなスタートが始まるわけですから、先ほどの借金ができないことなどはプラスに考えましょう!
借金のない生活が一番いいに決まっています。

 

最近の金融会社は法改正とともに利息が大きく下がりましたが、それでも高いというのは間違いないです。

 

今後は借金しない生活プランを考え、新しいスタートを切ってください。

自己破産のメリットのデメリット

自己破産によるメリットとデメリットについて記載したいと思います。

 

【メリット】
免責が確定すると借金の支払い義務がなくなります。
また、弁護士に依頼すると、すぐに取立て行為がとまります。

 

自己破産最大のメリットは、借金がすべてなくなり、新しいスタートが切れるというのが特徴です。
更に法改正により現金も100万円までは残すことができ、生活に必要とされるものも残せるようになりました。

 

【デメリット】
生活に最低限必要とされる物以外、すべての財産を処分しなければなりません。
マイホームや車なども処分されます。

 

また、資格制限を受けるため、弁護士や税理士・警備員や会社の役員などにつくことができなくなります。
その他、個人情報機関(ブラックリスト)に載ることや、官報にも記載されることが挙げられます。

 

※ただし、世間で言われているような次のことはありえませんので安心してください。
・戸籍や住民票に自己破産したことが載る
・年金がもらえなくなる
・選挙権がなくなる
などのような噂がありますが、すべてデタラメです。

 

また、自己破産すると鬼のように闇金から融資の電話などがあると言われていますが、これも全くありませんので安心してください。

 

⇒何度でも相談無料!大手で安心

 

⇒女性スタッフ対応!女性のための相談窓口