任意整理

任意整理で自己破産を回避!

任意整理とは、法律によって手続きをするのではなく、債務者本人が金融会社と話し合いの交渉をして和解を求めるものです。

 

任意整理は個人でも行えますが、通常は弁護士などに依頼するのが一般的です。

 

弁護士や司法書士はこの手のプロです。
依頼のお金はかかりますが、任意整理する際は、彼らにお任せすることをおすすめします。

 

任意整理のメリットは、利息の免除や債務額の減額となります。
弁護士があなたの代わりに債権者と交渉し、借金を大幅に減額し3〜5年の分割を組み完済するというものです。

 

また、個人再生や自己破産のように、裁判所を通さないので官報に載ることがないので、誰かに知られることがありません。
財産の処分や家を手放す必要がないため、今まで通りの生活ができます。

 

他にも弁護士に依頼した次の日には支払の督促がとまりますので、精神的に楽になれると思います。

 

ただし、これは弁護士がうまく話をまとめて交渉し、成功しているからこのような結果に成り立っているのです。
個人でされる場合はこうも上手く話が進まないでしょう。

 

デメリットですが、任意整理すると自己破産と同じく信用情報機関に登録されるため、5年から7年間は借金やローンはできません。
また、取引期間が短い場合、債務額の減額は小さくなります。

 

⇒何度でも相談無料!大手で安心

個人かプロか

任意整理は先ほども記載した通り、個人でも行うことができます。

 

個人が任意整理をするとなると、借金をしている金融会社すべてに過払い金の返還要求や利息・債務額の減少の交渉をしなければなりません。
先ほども述べましたが、これは法律、つまり裁判所を通して手続きをするものではありません。
そのため、金融会社と交渉する際相手側が有利なので、こちらの足元を見られ不利になることがあります。
また、相手にしてもらえないこともあります。

 

催促もそのまま行われるので精神的にもツラいですし、交渉するために時間を作る必要があるため、仕事をされている方の場合は都合をつけるのが難しいという点があります。

 

そのため、個人でするのは現実的ではないためオススメしません。

 

その点、この任意整理をプロに任せた場合、それなりの報酬は支払わなければなりませんが、弁護士や司法書士と言う名目は大きく、個人でするよりもスムーズに交渉がまとまります。
特に弁護士は法律のプロなので、任せれば上手くまとめてくれます。

 

ただ、依頼するとなれば報酬の支払いが必要になります。

 

この依頼料なのですが、弁護士や司法書士によって異なるので一概にいくらとは言い切れない部分があります。
ですが、通常分割払いで支払いが可能なので、詳しい見積もりは法律事務所などにお尋ねください。

 

以上のことから、報酬額は高いですが専門家にお任せすることをおすすめします。

司法書士と弁護士

任意整理を行ううえで、弁護士に依頼するか司法書士に依頼するかで迷われるかと思います。
基本的にはどちらに依頼してもそれほど変わりませんが、弁護士と司法書士との違いについて説明したいと思います。

 

裁判所を通さない個人の任意整理であれば、どちらに依頼しても変わりはあまりありません。
ただし、借金の総額が140万円以上の場合、法律により司法書士には交渉権がないため、弁護士に依頼することになります。

 

交渉技術も個人の経験などによって変わってきますので、結論から言えば、借金の総額が140万円未満の場合、どちらに依頼しても遜色ありません。

 

次に気になる依頼料ですが、弁護士の方が高いです。
司法書士は簡易裁判所で扱える範囲までの案件しか取り扱えないために、弁護士よりも安いのではないかと思われます。

 

ちなみに、裁判所に申立を必要とする自己破産や民事再生などは、司法書士には代理権がないため、申立は自分で行うことになりますので、こちらは弁護士に依頼することをおすすめします。

任意整理すると

任意整理意は自己破産とは違いますので、資格制限は生じません。
会社の取締役や警備員なども問題なく続けることができます。

 

任意整理した場合、現在お金を借りている金融会社からは今後融資を受けれない可能性が高いです。
理由はお分かりいただけると思いますが、任意整理した相手にもう一度貸したいとは思わないからです。
用は、その金融会社からの信頼を失ったということになります。

 

また、上記でも少し記載しましたが、債務整理手続きを行うと、信用情報機関(俗に言うブラックリスト)に登録されるため、5年から7年間は借金できません。

 

またクレジットカードを作ったり、利用することもできません。

 

ただし、自己破産とは違いますので、利用したい金融業者を残し、残りの金融業者を整理することもできますので、詳しくは専門家にご相談ください。

 

⇒何度でも相談無料!納得して安心

 

⇒女性スタッフ対応!女性のための相談窓口